朝鮮問題研究センターは、2011年11月5日、本学創立55周年に際し、日本における朝鮮研究、海外コリアン研究の拠点の構築を目指すとともに、学内教育と学術研究の向上、関係資料の蓄積と情報発信、国際交流の拡大、地域社会における朝鮮文化理解の支援を目的として設立されました。
センター内には現代朝鮮研究室、朝鮮文化研究室、民族教育研究室、在日朝鮮人関係資料室が設置されており、研究発表会や書評会などが行なわれています。在日朝鮮人関係資料室には、在日朝鮮人団体や民族教育に関する1万2千点に及ぶ貴重な資料が保存されており、本校在学生、教職員、卒業生はもとより一般の方の閲覧・利用も可能です。
本センターは現在、立命館大学コリア研究センター、同志社大学コリア研究センター、延辺大学朝鮮半島研究院と学術交流協定書を締結し、交流を深めています。また南の建国大学校・統一人文学研究団、韓信大学校・平和と公共性センター、延辺大学・民族学研究所、ロシア極東連邦総合大学など海外の大学とともに国際シンポジウムを開催しています。
その他にも、朝鮮半島を取り巻く国際情勢や朝鮮文化に関する講演会を開いています。
センターの活動が、朝鮮半島の北と南、海外同胞、そして世界と地域を結ぶ学術文化交流の架け橋になれば幸いです。

NEWS

『対決から平和へ―今後の朝鮮半島のゆくえ―』記録集

この度、当センター主催で行った講演&討論会「対決から平和へ―今後の朝鮮半島のゆくえ―」の講演記録を編集し、書籍として刊行する運びとなりました。 つきましては、ぜひご一読いただけると幸いです。 下記の詳細をご参照のうえ、お …

講演会「北と南、海外の歴史研究交流の経験と展望について」

*このイベントは終了しました。 *朝鮮新報に関連記事が掲載されました。 ぜひご一読ください。 北・南・海外、歴史研究交流に関する講演会/朝鮮大学校で

シンポジウム「関東大震災時の朝鮮人大虐殺と植民地支配責任」

関東大震災95周年朝鮮人虐殺犠牲者追悼シンポジウム *このイベントは終了しました。 *朝鮮新報に関連記事が掲載されました。 ぜひご一読ください。 http://chosonsinbo.com/jp/2018/09/201 …

お知らせ

資料紹介

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

在日朝鮮人関係資料室


●開室日:月~土曜日

●休室日:日曜日、本学の年間予定に準ずる休日

●開室時間
月~金曜日
9:30~12:00
13:00~17:00
土曜日
9:30~12:00

●利用資格者:センター長が認めた者

●利用方法
-事前に大学および公共図書館からの「閲覧依頼書」を資料室宛にFAXまたはEメールで送ってください。 利用可否については後日回答いたします。
-閲覧前に「身分証明書」と大学および公共図書館からの「紹介状」を受付にてご提示ください。

●注意事項
-資料の閲覧は閲覧室でのみとなっており、貸し出しはしておりません。
-資料の撮影は一切禁じられておりますので、ご了承ください。

PAGETOP
Copyright © 朝鮮大学校 朝鮮問題研究センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.